TOKYO FOOTBALL.COMの掲載記事引用させて頂きました
 東京都社会人サッカーリーグニュース

【戦評】FC新宿は善戦及ばず2回戦で敗退 = 関東社会人サッカー大会

 第42回関東社会人サッカー大会2回戦、フットボールクラブ新宿(東京2位)対 横浜GSフットボールクラブ・コブラ(開催県)の
試合が9日、神奈川県立体育センター陸上競技場で行われ、フットボールクラブ新宿が1−2で敗れ、2回戦で姿を消した。

[第42回関東社会人サッカー大会 2回戦]

【戦評】
1回戦大勝した勢いをそのまま持ち込みたいFC新宿だったが、
前半18分にGK小野寺がペナルティエリア外で手を使い一発レッドで退場。
それでもFC新宿は前線からボールを追いかけ、連動した守備で攻撃の芽を摘み、なんとか持ち堪える。
同点のまま前半終了かと思われたロスタイム、一瞬の気の緩みからゴールを奪われ、0−1で前半終了。
後半に入ると10人のFC新宿が攻勢に出る。
佐々木と越智の二人が高い位置でボールを奪い、谷口がドリブルで仕掛けて、チャンスを作る。
後半10分、その谷口のドリブルをファウルで止めた横浜GSFCコブラの選手が2枚目のイエローで退場となり、相手も10人となる。
これで勢いづくと、同24分、左からの折り返しを金田が押し込みついに同点。相手の足が止まり、畳み掛けたいFC新宿だったが、
同41分、一瞬の隙を突かれ再びリードを奪われる。
残り4分、必死に同点ゴールを奪いにいったFC新宿だったが、得点は奪えずタイムアップ。
FC新宿は1−2で敗れ、2回戦で大会から姿を消した。

写真:ハイライト 写真:ハイライト 写真:ハイライト